【NEW】発酵美容のAPシリーズ新発売!

医薬部外品の化粧品の方が効果があるの?普通の化粧品との違いを解説!

美容知識

スキンケア用品は医薬品医療機器等法という法律により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類されます。

医薬品は治療を目的に作られたもので、医師の処方が必要なものもあれば、ワセリンのようにドラッグストアで購入できるものもあります。

この記事では、一般にスキンケア用品として使用されることの多い「医薬部外品」と「化粧品」の違いについて説明していきます。

化粧品とは

化粧品は美容を目的に作られた商品です。具体的に言うと、体を清潔にしたり、美しく見せたり、魅力を増したり、皮膚や毛髪を健やかに保つもので、人体にもたらす作用は比較的緩やかなものです。

化粧品というと、パッと思い浮かぶのはファンデーションなどのメイクアップ用品や化粧水などの基礎化粧品などではないでしょうか。

しかし、実はシャンプーや入浴剤、歯磨き粉や香水も化粧品に分類されるのです!

医薬部外品とは?

医薬部外品は医薬品と化粧品の間に位置するものです。

製品の中に有効成分が定められた量だけ入っており、作用は医薬品よりも緩やかで化粧品よりも効果が高いです。よく見かける薬用化粧品や薬用せっけんなどは医薬部外品に含まれます。

商品を製造する際に、性能・安全性・使用する成分の種類や量などに問題ないことを厚生労働省にに申請し承認を受けたうえで、効果が認められたもののみが医薬部外品とすることができます

医薬部外品として認められると、「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」などの効果・効能や有効成分についてパッケージに記載することができます。

結局医薬部外品の方が良いの?

医薬部外品は化粧品より効果が高いといえども、必ず効果があるとは限りません。効果効能が謳われていると、ついついそちらのほうが良いのではないかと思ってしまいますよね。しかし、大切なことは自分の肌に合っているかどうか。

いまいち自分の肌のことがよくわからないという方は、一度エステサロンに行ってカウンセリングを受けながら肌の状態を知ることも一つの方法です。

ビエスト化粧品の直営サロンでは、施術にビエストの商品を使います。一度エステで試してみて、自分に合うかどうかを確認できます。良さを実感出来たら、お帰りの際に購入できるので、納得した化粧品選びをするなら、サロンで体験するのがベストです!

丁寧なカウンセリング、しつこい勧誘一切なしのビエスト直営サロンは大阪北浜茨木にございます♪

まずはホットペッパーのお試し価格でどうぞ♪

フェアリーズ北浜のホットペッパービューティーはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
美容知識
ビエスト化粧品をシェアする
BiESTスタッフブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました