Googleストリートビュー(屋内版)

グーグル・ストリートビューをご存知ですか?
グーグルマップの延長で道路沿いの風景をパノラマ写真で表示するサービスです。
初めて行く場所を予め調べて置くために使う方も多いのではないでしょうか?

最近はさらに室内まで入って中を見られるようになりました。
こんな感じです。

 

例えば

  • 会社で忘年会の幹事を任された。
  • 旅行先の旅館、ホテルの雰囲気をチェックしたい
  • 大切な記念日(になるかもしれない日)に行くレストランの雰囲気を知りたい。
  • 女性がエステサロンの雰囲気を事前にチェックしたい。

などのシーンで使われるのではないでしょうか。

 

ずっと以前はホームページを持っている会社も持っていない会社もありましたが、今はホームページのない会社はとても珍しい存在になってしまいました。

近い将来にはレストランやサロン、美容院、ホテルなどのお客さんが訪問する場所は殆どがストリートビュー(屋内版)を導入するのではないかとも言われています。

 

確かに雰囲気が重要なシーンではネットで調べた時に中が360度見られるお店とそうでないお店と比べたら、見られるお店を選ぶ確率が高くなるかもしれませんね。(雰囲気が良ければ、ですが)

 

では、どうすればグーグル・ストリートビュー(屋内版)に載るのでしょうか?

屋外のストリートビューはいつの間にか撮影されていますね。

実は屋内版もこっそりグーグルの人が来て撮影、、、などということはありません。

自分で壁も天井も床も360度クルクル回りながら撮影してつなぎ合わせてグーグルに公開します。
費用もかかりません。

ただ、撮影するのもつなぎ合わせるのもとても難しいので、一般的にはカメラマンに依頼して(撮影料も払って)公開してもらいます。
商品撮影、モデル撮影とはまた違う技術が必要ですので、いつものカメラマンに頼んでも困惑される可能性があります。

また、撮影料というのはカメラマン(もしくは会社)によって大きく違います。
他社のビジネスの邪魔はしたくないので具体的な金額は書きませんが本当に大きく違います。

ですので、ストリートビューに慣れていて、かつ安価で撮影してくれるカメラマン(もしくは会社)を探してください。
安価を追求される場合はご自身でスマホで撮影というのも視野に入れると無料でも可能ではあります。

もし安心して任せられるカメラマンをお探しでしたらビエストの平山にお問い合わせください。
(私が撮影するのではありません)

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: The account for biestcosme needs to be reconnected.
Due to recent Instagram platform changes this Instagram account needs to be reconnected in order to continue updating. Reconnect on plugin Settings page

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

タイトルとURLをコピーしました