初公開

みなさんこんばんは😃

毎日暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

西日本では現在大雨による浸水被害も深刻な状況になっておられますこと
お悔み申し上げます。
一日も早く皆様のもとへ日常がもどりますこと心からお祈りしています。

暑さも本格的となり、夏バテ寸前の方も多いのではないでしょうか?😰😰
夏バテで食欲もなくなるとあっさりした素麺や冷麺を好んで食べたくなりますが、
実は麺類ばかりに偏ると、タンパク質不足になり、逆に夏バテを引き起こしてしまいます😫

私たちが生きていく上で大切な筋肉や内臓、血管などの栄養素を作り出すため、タンパク質は欠かせません。

タンパク質というと皆様思い浮かぶのは…お肉や魚、卵に牛乳、大豆製品等等…etcではないでしょうか?

良質なたんぱく質を表すものとして「必須アミノ酸」がバランスよく含まれているかを数字で表した
「アミノ酸スコア」と呼ばれる数値が100に達しているものが質の良いタンパク質と言えます🤗

では100に達する食品とはどのようなものがあるのでしょうか?(・・?

・牛肉:100 ・鶏肉:100 ・豚肉:100 ・馬肉:100 ・アジ:100 ・鮭:100 ・カツオ:100 ・イワシ:100
・卵:100 ・牛乳:100 ・ヨーグルト:100
主に肉類や魚介類といった「動物性タンパク質」に多く含まれています。

それに対して、・精白米:65 ・玄米:68 ・食パン:44 ・胡麻:50
米や穀物類など「植物性タンパク質」の含有量は少ないのです。

だからと言って、アミノ酸スコア100ばかりを摂取していると、栄養のバランスが崩れてしまいます。
スコアの低い数値を高い数値にして食品を摂取するには不足しているアミノ酸を一緒に摂取することにより
互いの不足分を補うという方法です。栄養バランスも良く、理想的な食事となります。

ぜひ、そういったことも心がけて食事をすることで、この夏も元気に乗り越えられそうです!!

いつもビエストのブログを配信してくれる馬車馬ちゃんも牛肉を前にかなり前のめり気味初公開です😃
普段はクールな彼女ですが、この写真から普段みせない彼女の興奮が伝わってくるかと思います(笑)

                                                                                                                                                                                                                                                  皆さんもしっかりと食事をしてこの夏を乗り越えましょう!!

お肌とPhの関係 その④

みなさまこんばんは😃
本日はあいにくの雨でしたね。そして日に日に寒くなる毎日…。冷え症の私には手足が氷のように冷たくなる辛い季節です😖

さて、本日もお肌とPhの関係と題して早くもシリーズ4に突入しております。少し、お肌のPhの関係についてご理解頂けたかと思います。
このように、お肌とPhの関係をしっかりと理解し、きちんとコントロールすることで、お肌状態をベストな状態に保つことができます。

お化粧品にはこのようにPh値をコントロールする目的をもつお化粧品もあるのです。これらをうまく活用することで、お肌状態をベストな状態にもっていくことができます。

そこで、本日ご紹介したいのが、ビエスト化粧品の「Ptシリーズ」です。

まず、洗顔後に使用する化粧水ですが、このブログの中でお肌がアルカリに傾くと乾燥する反面、肌表面に菌が増殖しにくい環境下をもたらしてくれるとお伝えしたかと思います。そこで、まずご紹介したいのがこちら😉👉「Ptウォーター」です。

Ptウォーターは特許を取得した「マイナスイオン還元性水」をベースにつくられた化粧水ですので、Ph̟12.0を示すアルカリ性の為、この水の環境下での細菌の繁殖は不可能なのです✨😮✨もちろんニキビの原因となるアクネ菌や食中毒の原因となるサルモネラ菌もこの環境下では生きていくことができません。そのため、Ptウォーターは防腐剤フリーを可能にしました。これだけ殺菌効果が高いと聞くと、肌への刺激が強いのでは…?🤔と皆様お思いでしょうが、その心配もございません。肌表面の酸性の方が強く、肌に触れた瞬間に弱酸性になるので、刺激を与えません。Ptウォーターは以下の働きからベースのお化粧水として重要な役割を果たしてくれます。

①アルカリ性の力で優れた抗菌力でお肌の炎症や、ニキビをストップ
②マイナスイオンの力で肌表面のプラスの汚れを浮かび上がらせ、次にいれる美容液の経皮吸収を助けます。
③皮膚浸透作用に優れていて、瞬時にお肌全体に浸透し、お肌を全体を潤わせ、次にいれる美容液が浸透する道筋を作ってくれます。
④チオクト酸の配合により、油分にも水分にも溶け込める為、次に入れる美容液が油分でも水分でも浸透しやすいデリバリー機能を兼ね備えています。

このように、Ptウォーターは肌表面の殺菌作用だけでなく、次に入れる美容液が浸透しやすい肌状態を作り出してくれることで、その後に使用する美容液やクリームの効果を最大限に生かしてくれるのです。

ご理解頂いたようにPtウォーターをお肌にふきつけるとアルカリ性に傾くのでPtウォーターだけではお肌は乾燥してしまいます。では、次回この後に使う優れた美容液をご紹介したいと思います。もちろん、こちらの美容液もPhコントロールする機能をもつ優れたお化粧品ですので、ぜひ、お楽しみに😍

お肌とPhの関係 その③

皆様こんばんは(*^-^*) 明日から楽しい3連休ですね(^^♪

さて、本日はお肌とPhの関係について引き続きお話ししたいと思います😀
前回はお肌がアルカリに傾いている状態の時はお肌が乾燥している状態で、酸性に傾いている時は脂性肌の状態とお話ししたのを覚えて下さっていますでしょうか?
そして、アルカリに傾いている際のお肌状態は皮脂膜が減少し、肌の潤いがなくなり、とてもデリケートな状態とご説明したのを思い出して頂ければと思います(^^♪

アルカリに傾くということはお肌が乾燥状態であると同時にアルカリ性が強い程殺菌作用も実は強いのです。アルカリを好むアルカリ性菌もPH10.5までしか生きられず、またニキビの原因となるアクネ菌やサルモネラ菌、大腸菌などの菌も殺菌してくれるのです。この原理を利用することでお肌表面の菌をきちんと殺菌することができます。とても矛盾しているようですが、アルカリ性に傾けば傾くほど、殺菌作用はありますが、それと同時にお肌を乾燥状態に近づけてしまうのです。

もちろん、人間にはアルカリ中和能という力があるので、自然に弱酸性のお肌に戻るのですが、弱酸性に戻るまでの時間がかかりすぎると、乾燥によりむき出しの状態でお肌がダメージを受けやすいので酸性度の強い化粧水、もしくは美容液で早めに正常な弱酸性のお肌に戻すことをお勧めします。

そして、もう一つお伝えするならば、アルカリ性に傾いたお肌からPh6~4.5の弱酸性のお肌に肌状態が戻る際Ph6~8前後を通過しなければなりません。        しかし、このPh6~8前後というのが一番アクネ菌・ブドウ球菌がもっとも繁殖しやすい環境のため、すみやかに6~8を通過できるように酸性度の強い、化粧水、もしくは美容液の使用をお勧めします。

このように、お肌表面のPhと肌状態について理解し、それをコントロールすることで、理想的なお肌状態になることができます。

次回こそは、このPhコントロールができる優れた化粧品についてお話させて頂きますので、お楽しみに✨😘✨

 

 

お肌とPhの関係 その②

こんにちは。皆様3連休はゆっくりと過ごせましたでしょうか?とても行楽日和に恵まれた3連休となりましたね(^^♪

さて、前回お肌とPhの関係についてのお話をさせて頂きました。
Phとは「0~14」の数字で表し、「7」を中性としてそれ以下の数字を「酸性」それ以上の数字を「アルカリ性」として表し、正常なお肌は「4.5~6.0」の弱酸性という風にお伝えしたのを覚えてくださってますでしょうか?
そして、正常なお肌を弱酸性というならば、脂性肌の方程、Phが酸性(4.5以下)を指し、乾燥肌の方程Phがアルカリ性(6.0以上)を指します。

前回のお話では洗顔後のお肌はアルカリに傾くというお話をしましたが、では、アルカリに傾いた状態というのはどのような状態なのでしょうか?

アルカリに傾いた状態・・・そう、それはお肌が「乾燥」している状態を指します。
洗剤を使用して掃除したあとの手の肌のごわつきやマメな洗浄を繰り返す方はお肌のカサつきなど感じられたことないですか?

まさしく、それがお肌がアルカリ性に傾いている状態なのです。

水仕事の多い方、またマメに洗浄される方、アトピー性皮膚炎の方、ニキビ、湿疹の方は、アルカリ中和能が低下してしまっています。
その為、本来なら洗浄によってアルカリに傾いたお肌が正常なお肌状態である、弱酸性に戻るまでに、通常3時間かかるところ、アルカリ中和能が低下してしまっていることで、その倍の時間がかかってしまうのです。

アルカリ中和能が低下し、お肌が乾燥するということは、お肌表面を覆う皮脂膜といわれるものがなく、お肌がむき出しの状態になっていることを指します。

人の肌は「皮脂膜」によって守られています。
皮脂膜は皮脂腺からでる皮脂と汗腺からでる汗(水)とでできる天然のクリームで、水分蒸発を防いだり、外部刺激から皮膚を保護するバリア機能の働きを持っています。その為、皮脂膜がなくなるとお肌内部の水分が蒸発しやすいと共に、肌の潤いが逃げだして、乾燥や炎症が治りにくくなるのです。なので、アルカリに傾いた状態のお肌とはこのようなお肌状態をイメージして頂ければいいかと思います。

その為、お肌表面のPhをコントロールする化粧品などを上手に使うことで、お肌の状態を良い状態に導くことが必要です。

次回はそのPhを調整する優れた化粧品についてお話しさせて頂きます。ぜひ、お楽しみに(´艸`*)

 

 

 

 

 

 

お京阪プレミアムカー

皆様こんにちは。
すっかり秋めいてきましたね😊皆様いかがおすごしでしょうか?

先日お京阪より2017年7月21日に京阪プレミアムカーがデビューいたしました。


そして物好きな私はさっそく乗り込みました。。。

ではなく、、、仕事帰りのとても「ボーッ😮」とした意識の中、特急電車のひとつの車両がプレミアムカーとなっている、ちょうど私の前にたまたま止まった真っ赤な車両に私は違和感なく乗り込みました。そのたまたまの車両が、な、なんとプレミアムカー🚋だったのです。

いつもより空いている空間に私はどことなく安堵しながら、扉付近に立ち、いつものごとく車両の外を「ボーッ😮」と眺めていました。

すると制服を着たお姉さんが足早に私の元へと近寄り、「お客様、プレミアムカーのチケットはお持ちですか?」と問いかけられました。

もちろん私はそんなもの持ち合わせておらず、私の「持っていないです😃」の返答にそのお姉さんは、とても素敵な笑顔で「お客様、一般車両はあちらです👉」と教えてくれました。

振り向くと、ゆったりとした座席に優雅に座るおじ様たちの姿が・・・何故かわけのわからない屈辱感を感じざるを得ませんでした😰

そう言われた私はしぶしぶ隣の車両へと向かうと、きっと私と同じ境遇であろう人たちがたくさんそこにはいて、車両ひとつの違いで負け組と勝ち組とで分けられた気がしました。(´;ω;`)ウゥゥ

恐るべしプレミアムカー・・・。
皆様プレミアムカーにはお気をつけくださいませ・・・。

お肌とph値の関係

こんばんは(*^-^*)
今回はph値について少しお話ししたいと思います😁 ph(ペーハー)値とは「酸性」と「アルカリ性」を0~14の数字で表します。

中間の「ph7」を中性。それより小さい数字を酸性、逆に大きい数字がアルカリ性を指します。

よくCMのビオ〇などの洗剤で謳われている「弱酸性」のお肌が正常なお肌でph4.5~6.0を指します。

では、どのような状態のときにお肌のph値は変動するのでしょうか(・・?
例えば・・・洗顔後のお肌はアルカリ性に傾くといわれています。それは何故か・・・🤔
弱酸性と謳われている洗浄剤も実はph10程のアルカリ性なので洗浄後のお肌はアルカリ性に傾きます。

しかし、人のお肌には「アルカリ中和能」という優れた能力にて、約3時間程度で自然に弱酸性のお肌に戻るのです。

但し、注意したいのはお肌が「アルカリ性」を示している時は少しお肌がデリケートな状態になっていること、そして、過度な洗顔などで
アルカリ中和能が低下している際はお肌が敏感になっているので注意が必要です。

次回のブログでは引き続きお肌のph値の関係とその際のお手入れについてお話させて頂きますので、ぜひぜひ次回のブログもお楽しみに😍

お待たせいたしました!!○○の発売です

皆様こんにちは(^^♪
大変お待たせいたしました!!ついに弊社Ptシリーズより泡タイプの洗顔Ptウォッシュの誕生です✨🤗✨

幾度となく、お声がございました。そして、エステサロンの先生方のお声を反映させたのがこちらの商品
弊社には固形石鹸のPtソープが主な洗顔商品でしたが、この度泡タイプのご要望の声をたくさん頂戴し、
この機に誕生いたしました。「美容液で顔を洗う」ぐらいのイメージで創られたこちらの商品、「Pt」「ヒアルロン酸」
や「コラーゲン」といった美容成分が配合されているとともに「サッカロミセス」という、私たち人間が持つ、天然の
保湿因子と似た組成の為、肌の奥まで有用成分を届けてくれるのです。

とっても柔らかな泡で、顔を包み込むように洗うことで、洗顔後特有の「ひきつり感」もなく、しっとりと洗いあげます。
何よりポンプを押すと泡で出てくることでとっても楽ちん♪

私は泡タイプと従来のPtソープ両方を洗面において、少し疲れた日は手軽に泡タイプの洗顔でたっぷりの泡でお顔を包み込んで
洗い、少し余裕があるときには泡立てネットでソープをしっかりと泡立てもっちりとした泡にお顔をダイブさせます😊

至福のときですね( ^ω^ )
化粧品をその日の気分で選びながらケアしていくの楽しいですよね😄☝
皆様もぜひともお試しくださいませ。

因みに皆様余談なんですが・・・今までのビエストブログの過去の写真を振り返ってみてみて下さい😁
写真の中に面白いもの発見できます😘
もちろん、こんなユニークなことをするのは…弊社のスタッフ只一人ですが・・・(笑)😄

商品についての詳細は・・・http://www.biest.co.jp/products/

スタッフ紹介その① 我が社のデザイナー

皆様こんにちは😃今日はスタッフ紹介ということで、弊社のデザイナーさんについて書きたいと思います。

弊社のデザイナーはなんと今日でビエストに来て丸一年。いつもニコニコ☺どんな時も穏やかな口調で話をし、我が社の雰囲気をとっても和やかなムードに変えてくれます😀昨日は社長からのお心遣いにて、会社での飲み会の場。ワインを汲む際に手法を知らない私は、デザイナーさんを捕まえて、ワイン汲んで頂くようにお願いしたところ、なんと元シェフの彼は立ち居振る舞いから、全て完璧。手法を知るって本当に大切だなぁ・・・と実感しました。

そんな彼は、ブログに活かせる写真の撮り方や、文章を書くポイントなど、すぐに実践できる内容をこちらのブログであげています。何かをするにしても手法を理解してするのとしないのとでは結果が変わってきます。もちろん経験して、失敗して身に着けることも大切ですが、世の中情報が豊富にある中、それらをきちんと生かして効率的に物事進めたいですよね😃

そんな時は彼のブログをぜひ、ご参考に😄☝普段は大好きな甘いものばかりを口にしている彼も、やるときやります。きっと活かせる情報をが見つかります。ビエストの写真に関しても素敵な写真を掲載。実物は写真をご覧のとおり。皆様のご想像を掻き立てるこの写真・・・も彼が編集いたしました(笑)😊

ビエストのスタッフを身近に感じて頂けると幸いです。

乾燥肌にとっておきの○○○

皆様こんにちは。営業のチカです😋

前回は乾燥肌のとっておきの対策方法について書かせて頂きました。          今日は乾燥肌にとっておきのおススメアイテムをご紹介いたします。皆さんは肌が水分をはじくほど乾燥した経験ないですか? パリパリに乾燥したお肌は乾ききったスポンジのようにお水をうえからおとしてもはじいてしまいます。そう、乾燥したお肌はかちかちに固まってしまい、なかなか水分の通り道が作れない状態なのです😟

が、そんなとき、私はビエスト化粧品の「プラチナウォーター」を2,3回シュッと一ふき、そしてパッティングをします。この工程を何度も繰り返します。すると・・・どうでしょう😯ぐんぐん水分が入っていき、お肌がふっくらしてくるではありませんか😱🙌🏼それもそのはず、プラチナウォーターは次に入れる美容液が浸透しやすいお肌にする為の化粧水の役割に特化されたものだからです!!

マイナスイオンの力で肌表面の汚れを取り除き、そしてクラスターを小さく、そして表面張力を低くすることで、よりお肌に浸透しやすいように作られた「プラチナウォーター」ぜひおススメです😄☝この夏はお肌にもしっかりと水分補給を😉✨

商品の詳細は下記URLをクリック👇
http://www.biest.co.jp/products/

皮脂汚れと乾燥肌を改善するとっておきの方法

皆様こんにちは🤗営業のチカです。

日に日に暑さが増してきて、汗をかく場面も増えてきましたね😅💦私も汗による肌トラブルにいつも悩まされます。
しかも厄介なことに汗をかくこの時期、お肌の乾燥にも悩まされます。そんな時、私の対策の一つとして、お肌の乾燥を感じた時、ジョギングをします🏃

それは何故か・・・?運動をすることでかいた汗は、汗腺からの汗と皮脂腺を活発にすることで毛穴に詰まった老廃物を汗と一緒に排出してくれるのです。さらに、皮脂腺からの皮脂と汗腺からでるミネラルを含んだ水分とで天然のクリームをつくることでお肌のバリア機能を高めてくれることで、毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除き、さらにお肌を潤った状態にしてくれるのです。

なので、私は皮脂の汚れと共にお肌の乾燥を感じた時、夜にジョギングをすることで、気持ちのいい汗をかいた後、入浴、普段のお手入れをすることで、翌朝にはハリのある潤ったお肌を取り戻すことができるのです✨😊✨

私の場合にはジョギング🏃ですが、ジワッと汗をかけるのであれば、例えばストレッチでもヨガでもウォーキングでも大丈夫です😃
ただ、暑くて汗をかくのでは、汗腺からの汗しか出ない為、逆に体内の水分がなくなってしまいますので、乾燥してしまうのですが、軽い運動によりかく汗は皮脂腺も一緒に活発にしてくれるので、天然のバリア機能を促進してくれるのです。なので、コツは軽く運動をして頂いてかく汗が良いということです。

ですので、一度ぜひみなさん試してみてくださいね😄

Scroll Up