3つの「 S 」


広告業界にいた頃、主に雑誌広告を制作していたんですが、広告文を書く上で心がける3つの「 S 」というものがありました。

これは近隣にポスティングするチラシや日々書くブログの文章などにも応用できるのではないかと思うのでシェアいたします。教えてくれた人がアメリカ人だったので元は英語なんですが。

  • Simple
    シンプル、簡潔であること
    最初の3行を読んで何がテーマかわからないと「自分には関係がない」と判断されて読まれない。
  • Short
    短く
    ぱっとみて文章が長いと、どんなに熱く語っても、そもそも一行も読まれない。
  • Stupid
    馬鹿にもわかるように
    Sで揃える為に Stupid という言葉を使っているのだと思いますが、、、
    特に専門職を続けていると日常会話に専門用語が飛び交うので一般の方の感覚がわからなくなります。

例えばデザイナー同士だと
「このロゴってフォント?」
「これはガラモンドをイラレで引っ張った」
のような会話が成り立ちますが、そのままの感覚でブログを書くと同業者からの「いいね!」は増えるかもしれませんが、お客さんは増えません。

目安は小学4年生くらいの子供に読んで聞かせて理解できる程度の単語と表現です。

以上3つの「 S 」でした。

いかがでしょうか?

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。