三分割法でプロみたいな写真を撮る


施術の様子や機器、化粧品の説明のためホームページやブログに写真を載せることがありますね。

この時に少し気をつけるだけで見やすくバランスの良いプロっぽい写真にすることができます。

撮影には様々なテクニック、ライティング、構図がありますが、中でも三分割法はとても簡単に取り入れられて印象が大きく変わるのでオススメです。

まず、撮影する画面を縦横それぞれを3つに分けます。

縦横の線が交差した部分が4カ所できます。

この交差点のどれかに最も見せたいものを配置するように撮影します。

例えばこの写真では右下のロゴにあたります。

 

どういうわけかこの4点のあたりに人の視線が行きやすいので、ここに見るべきものがあるとバランスが良く感じるのです。

 

こちらは葛飾北斎が独自に編み出した「三割の法」というテクニックで描かれています。
現代の三分割法とよく似ています。

 

施術の見本写真もこのように。
顔が主たる被写体の場合は近い方の目(まつげ)に、合わせますが、これは機器の説明用写真なのでプローブの重要部分を交差点に持ってきています。

 

撮影中に考えるのが難しい場合は広めに撮影して後でスマホのアプリなどで切り取る際に調整するのもオススメです。

また、iPhone の場合、「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」をオンにすると撮影画面に三分割の線が表示されるので便利です。

 

一度お試しください。

Tags: , ,

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。