ブログに何を書くのか

集客を目的のブログに一体何を書いたらいいのか分からないという方も多いかと思います。

「お客様(サービスや商品にお金を払うかもしれない人)にとって役に立つこと」とアドバイスすると「役に立つことなんか何も知らない」と途方にくれられる方をよく見ます。

どの世界でもプロとして活動されている方は一般の方に比べて非常に高度な知識、技術を持っていますが、日々の業務の中でそれが普通の事になってしまい、プロならではの知識を持っているという意識がなくなってしまいます。

その結果「役に立つ情報=高度な知識」という勘違いが起こり、専門家でないとわからないような事を書いてフェイスブックの同業の知人友人の「いいね!」を貰って「役に立つ情報」を発信している気になってしまっている、、そういう例をたくさん見てきました。

お客様になる(かもしれない)人は専門家からすると想像以上に何も知りません。
肌のことも髪の毛の事も、、、

専門家がとても大切だと思うことを全く気にしていない事もあります。

 

こちらの動画は私の好きなフォトグラファーで、とても幻想的な写真を撮るプロの写真家ですが、このシリーズの動画では「脱初心者」を目指す人向けに作られています。

 

一眼レフを買ったばかりの人にはとても役に立つ動画ですが、中級者クラスから見ると知っていることばかりで内容は正直それほど面白くはありません。

彼は中級者〜ハイアマチュアクラス程度では到底理解できない程の知識と技術を持っていますが、発信しているのは初級者向けの情報です。そして彼の撮影セミナーはいつも会場に入りきれないほどの人が集まります。

 

初心者でない人もかつては初心者だったはずですが、なかなか知らなかった事を思い出すのは難しいので、本当の初心者に聞くのが一番です。

お客様から「そんなことも知らないの?」とか「質問の意味が分からない」という質問や意見があったらチャンスですね。密かにメモをとってブログのネタにしましょう。(誰のことかわからないように注意して書きましょう)

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。